2010年11月20日土曜日

インフラエンジニアになるまで~就活~


おそらく今回の「インフラエンジニアになるまで」の最終章となる就活編です。



どのように職種を選んだのか


高校から大学まで長らくサーバやネットワークに関係する、バイトや学問に付けて、就職ももちろんインフラ系だと心の奥底では思っていたのですがいざ自分が就活をする身になった時、かなり悩みます。




そこで気づいた事は、いつでも会社は変えられるが職種は変えられない(変えにくい)点です。





就職後、その職種について年単位で専門知識を身につけていき、それらの知識や技術を人生に活かしていく必要があるためです。



これまでの経験や、知識を考慮して慎重に職種を選ぶ必要があります。



技術者の場合、何十年とまったく同じ内容の仕事をすることはないので少なくとも10年は“この仕事はできる”というのを見つけるといいと思います。




  1. これまで身につけた知識や技術を活かしたい

  2. 何かを実現したい


だいたいこの2つにパターンが分かれると思います。



1の場合は、必然的にかなり職種が絞られるので職種には困らないと思います。


2の場合は、1よりも目的が曖昧になりやすいので「なぜそれを実現したいのか?」「実現すると何がいいのか?」などの点を詰めておく必要があります。



会社選び


先ほどの1と2が決まれば、次は会社を選ぶ必要があります。



この選ぶ基準は非常にシンプルです。


とにかく“自分のやりたいことができ、自分の能力を発揮できる”という点です。



つまり、働く環境が重要なポイントです。



働く環境の見つけ方

働く前に、働く環境を知るのは難しいです。



しかし、知るチャンスはインターンシップや企業説明会、特に先輩社員などが出席している説明会に出席するといいと思います。



また、学校によっては先輩社員を紹介してくれる制度もあるようなので活用してみるといいでしょう。


ここで注意すべき点は、インターネットの情報や人の情報に頼りすぎない点です。



主観的な意見、一方的な解釈、一部局所的な解釈には特に気をつけましょう。



先輩社員や人事の方も、人間なのでその人に合わない人がいます。



説明会やインターンシップなどを活用してできるだけ多くの情報を仕入れましょう。




メーカ系かIT系


インフラエンジニアは、殆どの場合メーカ系かIT系に絞られます。



メーカ系



  • NTT

  • Cisco

  • Oracle

  • IIJ

  • CTC

  • IBM



IT系



  • mixi

  • GREE

  • Dwango

  • DeNA

  • サイボウズ

  • はてな




メーカ系では、自社のソリューションを扱う事が圧倒的に多く、その分野に関して比較的長いスパンで請け負うことが多いので、その分野に関してプロフェッショナルを目指す人向きだと思います。


IT系では、メーカ系ほど分業化が進んでない場合が多く、特定のソリューションに偏らない設計にする事が多いので幅広い知識を身につけられるジェネラリストを目指す人向きだと思います。



もちろん、メーカ系⇔IT系に転職する方も多くいるので最初の駆け出しとして自分が目指したい方向性を決めるのに参考にしてください。



採用試験内容


殆どの場合次のような順序で試験が行われます。




  1. 筆記試験(1回 or 2回)

  2. 専門試験

  3. 面接



筆記試験に関しては、SPIやGABなどが行われます。


これに関しては十分対策が行えるので80%以上の正答率を目指して対策しておきましょう。


可能であれば、TOEICなども受けておきましょう。



専門試験

企業によってかなり異なるのですが参考程度に記載しておきます。



  • ソートアルゴリズムの穴埋め問題(C Java)

  • インターネットの仕組み

  • ハブ ルータ スイッチの違い



面接

基本的な質問以外を記載しておきます。



  • これまで最も苦労して解決した技術ネタ

  • なぜLinuxが幅広く使われるのか

  • オープンソースについてどう思うか

  • プログラマーじゃなくなぜインフラなのか



最後に


インフラは現在の、ネット社会では欠かせない物です。




  • ちゃんと動いてて当たり

  • 時には夜中に起こされる

  • 基本的に表舞台にはでない

  • 表舞台にでるのは何かあった時だけ

  • 自分で経験を積むのが難しい




などの厳しい面もありますが、非常にやりがいのある仕事です。


最近は安価なVPSも登場し始めたのでVPSを借りてWebサーバを構築し運用するのも大きな経験になります。




ここまでお読みいただきありがとうございます。


これから、就活の方はこれまで学んだり経験してきた事を最大限にアピールする時です。経験は成功談だけでなく失敗談も重要な経験値です。失敗してどのようにリカバリーしたのか。そこで何を学んだのか。などをまとめて就活に挑んでください。




0 件のコメント:

コメントを投稿