2011年3月26日土曜日

必要な時にパソコンの電源を遠隔操作で入れる


震災の影響で電力不足がかなり深刻になってきています。


業務上の都合や個人の都合でパソコンの電源も切りたいけど切れないなど問題もあると思います。


そこで、今回は少しでも節電に協力できるようにパソコンの電源を必要な時に入れて、不要な時には切る操作をインターネットを通じて遠隔操作で行う方法を紹介します。



Wake On LAN


ネットワークを通じて電源の操作をするWake On LAN(WOL)という仕組みがあります。


WOLはサーバなどには標準で備わっている事が多く、最近のパソコンでも設定さえすればWOLを有効にすることができます。



仕組み


WOLはゲストマシンからMagicPacketと言われる特殊なパケットをUDPを利用して送信します。


MagicPacketを受け取ったホストマシンは電源を入れます。


そのため、MagicPacketを受け取るホストマシンはMagicPacketに対応したハードウェア構成である必要があります。


主なハードウェア要件


  1. 電源とマザーボードがACPIに対応している

  2. NICがMagicPacketを解釈できる


これらの主なハードウェア要件は、最近のパソコンであれば殆ど利用できます。



手順



  1. BIOSの設定

  2. NICの設定

  3. MagicPacketを送信するフリーソフトをインストール



BIOSの設定


BIOSを起動します。


通常、電源管理などの画面でWOLを有効にします。


私の端末では「Remote Wake Up」とありました。


さらに私の場合は「Low Power Mode」を無効にしないと電源切断時にNICの電源も切れてしまうのでこちらの設定は無効にします。



NICの設定


デバイスマネージャから利用しているNICの「プロパティ」→「詳細設定タブ」でWOLを有効にします。


私の場合は「Wake on Link」を「強制」に変更し「Wake On Magic Packet」をオンにします。


最後に「PEM」を「オン」にしますがこちらはNICによって無い場合があります。無い場合はドライバーをアップデートし、PEMを「オン」にしないと起動できない可能性があります。


f:id:koujirou6218:20110325164355p:image


f:id:koujirou6218:20110325164356p:image


f:id:koujirou6218:20110325164357p:image



ゲストマシンにMagicBootをインストール


MagicPacketを送信できるソフトはいくつかあるのですが今回はMagicBootを利用します。MagicBootはフリーソフトでVectorからダウンロードできます。


http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se282263.html


MagicBootの利用にはIPアドレスとMACアドレスが必要になります。


コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。



ipconfig /all



IPv4アドレスと物理アドレスをMagicBootに入力します。


ファイアーウォール


MagicBootはデフォルトでUDP 3708番ポートを利用するのでファイアーウォールで防いでいる場合は開放する必要があります。


注意点


個人の家庭で利用する場合はISPから1つIPアドレスを付与されますが、このIPアドレスは定期的に変わるので固定IPを申込むかDDNSなどを利用する必要があります。


0 件のコメント:

コメントを投稿