2012年1月23日月曜日

ドワンゴを退職しました

はじめに
1月いっぱいで株式会社ドワンゴを退職することになりました。
20日が最終出社日で2月からは新しい職場でお世話になることになりました。

ドワンゴには2010年4月に新卒として入社しサーバインフラエンジニアとして配属されました。

ドワンゴは企画から開発、インフラまで全てを内製している会社です。
そのため高いクオリティかつスピーディにサービスを提供できる環境にあり開発者自身も驚くべきスピードで成長していきます。
そんな環境に憧れて新卒として入社しました。

入社後は研修として短い期間でサービスを作りそのサービスをリリースすることもでき、辛かったですが優秀な仲間たちと一つの物を作り上げ生放送を行いユーザに触っていただくこともできました。


研修終了後は複数のプロジェクトを担当させて頂き、インフラとして困難なプロジェクトもありましたが私のわがままなどもよく受け入れて頂きメンバーの方には迷惑をかけたと思います。
しかし、その困難を乗り越えていく事で自分自身が大きく成長していくのを実感しより高みへと志が移り変わりチャレンジしてきたつもりです。

311
2011年3月11日に関東大震災が起きました。実はこの地震、私は人生で二回目の大きな地震でした。
一度目の被災は小学二年生の時に起きた阪神大震災です。家も潰れ死に物狂いで公園まで逃げました。
その時人生で初めて死というものを身近に感じ、死という目に見えないものに怯えて過ごしてきました。
しかし、人は慣れるものです。
慣れから傲慢になったり怠けたりすることも何度もあり、いつしかこの経験は忘れるほど記憶から薄れていきました。
その中で3月11日の地震は薄れた記憶を再び呼び覚まし死というものを以前より増して意識するようになり今の自分を見直すきっかけとなりました。

NOの日
昨年亡くなったスティーブ・ジョブズがスタンフォード大でのスピーチを思い出しました。


"No" for too many days in a row, I know I need to change something.


このスピーチを聞いたのは大学生の頃ですが、義務教育から大学と決められたカリキュラムと経験者から示される道筋からNoと判断することは殆どなくそれに対して疑問を抱くことも殆どありませんでした。

社会に入りカリキュラムもなく、目標や将来についても全て自らの責任として時間は進んでいきます。
日々業務をする中で自分自身のやっていることについてNoが続いている事に気づきました。

同じような業界で務めている方はよくお分かりかもしれませんが、この業界の技術は進化も早く成熟も非常に早いのです。
新卒で入社した頃は最新の技術であっても一年も経てばより効率的な技術が生み出され、常にアンテナを張り巡らせている企業はいち早く取り入れ実績を上げていきます。

自分自身で勉強したりするものの、組織としてやっているような所と比べるとなかなかついていくのが難しいのが現状です。
そして検証できた頃には成熟し新しい技術が注目され始めてるという事が多くあり、エンジニアとして挑戦できない事も増え変化の早い業界で自分自身の将来への不安が徐々に募り始め又それが、不満であったのは事実です。

これが私の"No"であったと思っています。

今ある枠組み
新卒で入社し1年半程度で退職する事については、多くの方から貴重なご意見をいただきました。
今ある枠組の中で優秀なエンジニアと切羽琢磨しながらシステムを創り上げるは素晴らしいことだと思います。

表面的な価値観だけに囚われていてはだめで本当に自分は何がやりたいのか、それに本当の価値を見出すことが大切なんじゃないかと思っています。厳しい環境で自分自身の技術を磨きインフラとしてだけではなくサービス提供者の一人としてサービスをユーザに送り届けたい。それが自分自身に今できる最大の価値なんじゃないかと思いました。


最後に
1年半という短い期間でしたが、お世話になった方々には本当に感謝しています。
ドワンゴという会社と仲間がいなければここまで自分は成長出来なかったんじゃないかと思っています。

そして、これまで使っていただいたユーザの方もドワンゴは時より寄り道をすることもありますがユーザとしてどんどん意見を発してよいサービスを作るための手助けをしたいただけたらいいなと思います。

まだまだ未熟者ですがこれからも応援していただけば励みになります。

長文となりましたが、以上です。

1 件のコメント:

  1. [...] ドワンゴを退職しました http://blog.kubox.info/?p=214 若者の転職サイクルはどんどん短くなっていくのではないか This entry was posted in ニコニコ生放送. Bookmark the permalink. ← 「Megaupload」閉 [...]

    返信削除