2013年8月18日日曜日

wgetのFTPが便利

誰もが1度は使ったことであろうwgetコマンド。

このコマンドはWebページ上のファイルを取得するだけでなくWebページを再帰的に辿りまるごと取得もできるすぐれもの。


webページのリンクを辿り再帰的に取得する
 wget -r http://www.example.com/index.html

webページのリンクをが外部リンクでも取得する
 wget -r -H http://www.example.com/index.html

BASIC認証が設定されているファイルを取得する
 wget --http-user=user_name --http-password=pass http://www.example.com/index.html

サイトをまるごとコピーする
 wget -m http://www.example.com/index.html

まるごと取得する階層を指定する
 wget -l 1 http://www.example.com/index.html

BASIC認証が設定されているファイルを取得する
 wget --http-user=user_name --http-password=pass http://www.example.com/index.html

絶対パス(外部リンク)を相対パスに変換する
 wget -k http://www.example.com/index.html

リンク中の画像も取得する
 wget -p http://www.example.com/index.html


ここまでは常用の範囲かと思いますが、実は-rと-mはFTPでも使えちゃうという便利コマンド。
wgetってHTTP/HTTPS意外でも使えるのをmanで初めて知った。

ftpコマンドは再帰的にディレクトリを辿ってダウンロードできないのでまとめてダウンロードする際は不便です。

wgetでFTPをする
wget -m --passive-ftp ftp://user:[email protected]/{dir}

cオプションでレジューム機能も使えます
wget -cm --passive-ftp ftp://user:[email protected]/{dir}




0 件のコメント:

コメントを投稿