2014年8月25日月曜日

Ninja400のオイル交換

Ninja400のオイル交換


新車で購入した場合は1000キロか1ヶ月程度で初回点検を行うと思います。

ただこの1000キロの間に1度もオイル交換しないのは少しまずいかもと思います。(新車の場合は)

新車は大量に鉄粉が出るので、長期的に使い続けるとかなりまずいことになります。

これは中古車でも言えることですがマメにオイル交換はしましょう。

特に新車は1000キロになるまで3回ぐらいしてもいいぐらいと思っております。

Ninja400(2014年式)はカウルを外さなくてもオイル交換可能です。

写真は間違って右側のカウルを外してしまいましたが、右側にはクーラントがあるのでクーラント液を交換する時は右側のカウルを外してください。
ちなみにクーラント液はワコーズのヒートブロックが凄く効果があります。ファンが回転する頻度が半分ぐらいになりました。
カウルの外し方は説明書に書いてあり、基本的にクイックリベットを外して終わりなので素人の方でも簡単に外せます。



準備するもの

指定粘度のオイル(10W-40)
オイル処理用の何か
ジョッキ
レンチ


今回使用した物はこちらです。
(オイルは2回分程度あります。)




オイルを抜く前に


暖気していないとオイルが出てこないので10分以上アイドリングしてください。
走行でも可能ですがあまり走り過ぎるとオイルが熱くなり抜く時に火傷する可能性があります。


オイルを抜く


写真がないのですがNinja400は横向きにドレンボルトが付いております。
少し尖ったような形がしており、ボルトが先端に刺さっている箇所が走行方向から見て左側のエンジンの下辺りにあると思います。

そちらを回して外しますが、横向きに付いているのでオイル受けを片手で持って受けるようにしてボルトを外すとこぼれないです。